美しいは、ココ+から


by coco+plus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ロフェ・アーチサポート
プラセンタ
イベントのお知らせ
掲載情報
ご挨拶・お知らせ
未分類

以前の記事

2019年 12月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 04月
2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

最新の記事

BLAZEオーダー会
at 2018-09-02 15:23
O脚
at 2018-05-28 17:46
プロのための美肌メソッド
at 2018-04-14 18:05
正しい姿勢
at 2018-03-26 15:00
2018 SPRING BL..
at 2018-02-22 18:14
足のアーチについて
at 2018-01-25 14:58
謹賀新年
at 2018-01-05 11:23
はじめまして。
at 2017-11-14 11:17
台風による臨時休業のお知らせ
at 2017-09-16 18:46
トキハ本店 イベント開催中
at 2017-04-20 13:10

検索

画像一覧

カテゴリ:ロフェ・アーチサポート( 3 )

O脚

お洋服の接客をしていた頃、

O脚を気にされて、「挑戦したい服があるのに着られない」

というお客様がいらっしゃいました。

もちろんおひとりではございません。

同じように悩んでいらっしゃる方はとても多いと思います。

O脚とひと言に言っても、

両脚が外側に開くように変形し、膝と膝の間が開いているO脚、

膝から下だけが外側に開いてしまっている膝下O脚などがございます。

原因も、先天性のもの、後天性のものと様々です。

先天性のものは、骨の形成が不完全な”軟骨形成不全”や、

骨が歪曲してしまう”くる病”などが挙げられます。

後天性のものは、怪我や生活習慣などが原因で起こります。

ここでは、生活習慣によるO脚に注目してみたいと思います。

O脚の原因になると言われている生活習慣には

次のようなものが挙げられています。

・ぺちゃんこ座り

骨盤や膝が開きやすくなり、膝下が広がりやすい。

・横座り

片側に重心がかかるため、骨盤が歪む。

・脚を組む

横座りと同様、片側に重心がかかるため骨盤が歪む。

・歩き方の癖

重心が踵に偏っていると、足先が外側に向かいやすく、ねじれ歩行になる。

すると脛の外側の筋肉が発達し、膝小僧辺りの骨が外に張り出すことで膝下O脚になる。

この歩き方の癖を続けていると、脚全体がO脚になる。

生活習慣によって起こるO脚には、体の使い方の癖による、

骨盤や、膝の歪みなどが大きく関係していることが分かります。

骨盤や膝が歪んだりずれたりすることで、O脚だけでなく

下半身の代謝が落ちて太りやすくなったり、腰痛・膝痛の原因にもなります。

1度気になってしまうと、そこばかりに気を取られてしまいがちですが、

脚だけでなく、体全体に関係しています。

整体で整えていただいたり、骨盤体操をされたりするのも良いと思います。

同時に、体の土台部分である足裏のアーチを、しっかりと支えていただくこともとても大切です。


ココプラス

弥田


[PR]
by cocoplus | 2018-05-28 17:46 | ロフェ・アーチサポート

正しい姿勢

桜前線は北上しているようですが、大分はいかがでしょう?

私が目にする桜は、まだもう少しかな?という印象です。


大地に根付いて、しっかりと立っている桜は美しいですよね。

私たちもそうありたいものです。


皆様は普段、姿勢を意識されていますか?


「正しい姿勢」と言われると、何となく肩が凝りそうですが、

一般的に体が次に上げる状態にあると、正しい姿勢がとれていると考えられます。


●前後から見て、左右対称である状態。

●側面から見て、背骨が緩やかなS字カーブを描いている状態。

●重心が正しい位置にある状態。

 ・側面から見て、耳、肩の中心、骨盤の中央、膝のやや前方、踵が一直線上にある。

 ・地面に対して、水平に安定した両足の土踏まずの真上に、頭がしっかりとのっている。


ではなぜ、姿勢の歪みは生じるのでしょうか。


前後から見て、左右対称であればとても理想的ですよね。

でも恐らく大半の方が、左右対称ではないと思います。


利き手、利き足、荷物の持ち方、ハンドルの取り方ひとつとっても

人にはそれぞれ癖があります。(両利きの方はいらっしゃるとしても。)


事故や怪我などの場合を除いては、

産まれてからこれまでの体の使い方、癖、生活習慣などでも体の歪みは生じます。


他にも、足に合わない靴の使用、加齢・運動不足による筋力の衰えなども原因として挙げられます。


それぞれの原因が蓄積して、体の土台である足裏のアーチが崩れます。

アーチが崩れると、体はその傾きを修正しようとします。


土台が傾いた分、その上にある、足首、膝、腰、肩の位置を少しずつずらしながら、目線を水平に保とうとするのです。

皮肉なことにこの姿勢反射により、姿勢に歪みが生じてしまいます。


このことからも、正しい姿勢を保つには、まず体の土台部分をしっかりと支えることが大事であると分かります。


生活習慣の改善、適度な運動、足に合う靴の使用を心掛け、

椅子に腰かける時も、立っている時も、

地面に対して、「足裏のアーチが綺麗にお椀を伏せたようなイメージ」を持っていただくこと


そして、足裏をしっかりと支えられるインソールをお使いいただくことをお勧めいたします。

a0322418_11513576.jpg




















ココプラス
弥田


[PR]
by cocoplus | 2018-03-26 15:00 | ロフェ・アーチサポート

足のアーチについて

こんにちは。
厳しい寒さが続きますが
お元気でお過ごしでしょうか。

突然ですが
足の裏のアーチを、皆様ご存知でしょうか。

土踏まずのアーチはご存知の方が多いと思います。
でも実は、足の裏には3本のアーチがあるんです。

①前方横アーチ
 親指の付け根から小指の付け根にかけてのアーチ。

②外側縦アーチ
 小指の付け根から踵のかけてのアーチ。

③内側縦アーチ
 踵から親指の付け根にかけてのアーチ。

a0322418_14530385.jpg


















そしてこのアーチには、大切な役割が3つあります。

①衝撃の吸収
 足の裏には、歩くだけでも
 体重の1.5倍から2倍の衝撃がかかります。
 3本のアーチは、この衝撃を上手に吸収・分散して
 体にかかる負担を軽くしています。

②バネの役割
 歩く時、足はまず踵から地面について
 次に足の裏全体を使って
 最後は爪先で地面を蹴り上げます。
 この時に、足の裏のアーチは
 伸びたり縮んだりしながら、その動きを助けています。

③バランスの調整
 3本のアーチは体をしっかりと支え、
 安定性の向上を担い、それぞれ、
 体の各筋肉の制御、体の動きの制御もしています。

 ・前方横アーチ
  太腿の内側・ふくらはぎの筋肉の制御。
  体の前後の揺れの制御。

 ・外側縦アーチ
  股関節の内腿側の筋肉の制御。
  体を捻る動きの制御。

 ・内側縦アーチ
  太腿の外側・お尻の筋肉の制御。
  体の左右の揺れの制御。

3本のアーチが整っていると、
この3つの役割をきちんとはたしてくれます。
でも、このアーチが1本でも崩れてしまうと、
3つの役割をしっかりとはたせなくなります。

そして、1度崩れてしまったアーチは
自力では元に戻せないと言われています。

ロフェ・アーチサポートは、
崩れてしまったアーチをしっかりと支えます。

体の土台である足の裏。
皆様の足の裏も
ぜひチェックしてみませんか?


ココプラス
弥田




[PR]
by cocoplus | 2018-01-25 14:58 | ロフェ・アーチサポート